ピザ関連

デルソーレのピザ生地「ナポリ風ピザクラスト」のレビュー

ナポリ風ピザクラストで作ったピザの材料

https://pizzalover.jp

自分で小麦粉から生地を作って完全オリジナルのピザを作りたいなと思いつつ、なかなか手間と時間がかかるので重い腰がずっと上がらないままです。

そういう時に便利なのがスーパーなどで購入できるピザ生地ですね!

僕がよく行くスーパーではデルソーレ社の「ミラノ風ピザクラスト」と「ナポリ風ピザクラスト」が売っています。

今回は「ナポリ風ピザクラスト」を試してみたので紹介とレビューをさせていただきます!

ミミがしっかりある「ナポリ風ピザクラスト」

ナポリ風ピザクラスト(表)

ナポリ風ピザクラスト(裏)

・購入場所:マルエツ
・価格:328円
・内容量:2枚

以前に「ミラノ風ピザクラスト」の方は試した事はあったのですが、そちらは生地を単純に丸く薄く伸ばした均一の厚さのピザ生地で、焼くとサクサククリスピー系のピザに仕上がりました。

「ナポリ風ピザクラスト」はしっかりミミがあり、焼くと外はカリカリながら中はもっちりした食感で食べ応えのある生地となってます。

PizzaLoverJP
本物のピザ好きはミミが一番好きだと勝手に思ってます!

ミラノ風ピザクラストのレビューはこちらから!

関連記事
ミラノ風ピザクラスト店頭陳列
デルソーレのピザ生地「ミラノ風ピザクラスト」のレビュー!ナポリ風との違いは?

デリバリーのピザだとどうしても値段が高いですし、チルドや冷凍のピザだと具が少なくて物足りない。 そんな時はピザの生地を買ってしまえば、あとは自分の好きなトッピングを好きな分だけ乗せて焼いて食べられるの ...

続きを見る

「ナポリ風ピザクラスト」で実際にピザを作ってみた

ナポリ風ピザクラストで作ったピザの材料

具材はシンプルにチーズ、ソース、ベーコンのみ

生地の味を一番楽しめるように具はシンプルな材料のみにしました。

肉のハナマサ「プロ仕様」ブランドのピザソース記事で紹介をしたピザソースも使ってます。

ナポリ風ピザクラストで作ったピザ①

ナポリ風ピザクラストで作ったピザ②

生地にピザソースを塗り、具材を乗っけて250℃に余熱したオーブンで5~6分焼けば完成です。

薄い生地なのに中はしっかりもちもちしている

ナポリ風ピザクラストの記事の厚さ

ミミは厚みがあるけどそれ以外の部分はかなり薄い

ミミの部分はしっかり厚みがあるので中が柔らかいのは想定どおりなんですが、ミミ以外の部分はかなり薄いのにも関わらず、食べた時にカリっとしながら中は柔らかくてモチモチ感があるのが大きな特徴でした。

ちょっと微妙なところ

ナポリ風ピザクラストで作ったピザ

6等分にするのが大きさ的にちょうどいい

薄い生地にも関わらず柔らかくてモチモチしているのは良い事なんですが、薄くて柔らかすぎる分、1切を持ち上げる時にNYスタイルピザのように折りたたんだり、ナイフなどで支えないと乗っけた具が全て落っこちてしまいます

PizzaLoverJP
もう少し厚みを調整するなどして工夫してもらいたいもんです。

上記写真だと6等分にしてますが、4等分にした場合は重みがさらに増すので生地だけでは確実に具を支えきれない思います。

余談…プロ仕様ブランドのチーズピザと同じ生地?

「プロ仕様」ブランドのチーズピザでもレビューさせていただいた肉のハナマサのチーズピザですが、こちらもよく見ると生地はデルソーレ社のものでした。

もしかすると全く同じ生地?と思ったのですが、肉のハナマサのチーズピザの方が僅かに生地が厚く、似てはいるものの別ものと思われます。※違ったらすみません

記事の厚みの写真も掲載してますので比較してみたい方はぜひご覧ください!

プロ仕様ブランドのチーズピザ
肉のハナマサ「プロ仕様」ブランドのチーズピザ

東京周辺で業務用スーパーといえば「肉のハナマサ」が有名です。 一都三県で約30店舗ほど展開していて、名前のとおり業務用の「肉」も有名ですが、肉に限らず様々な生鮮食品、食料品、お酒から雑貨まで取り扱って ...

続きを見る

個人的にはミミの部分が高評価!「ナポリ風ピザクラスト」

以上、デルソーレ社の「ナポリ風ピザクラスト」のレビューでした!

ピザは特にミミの部分が大事だと思っている自分からするとしっかり食べ応えのあるミミだったので個人的に高評価です。

ただ、薄すぎて生地だけでは具材を支えきれず、下手すると全ての具が落っこちてしまうのは少し残念なポイント

既製品ではなく、自分好みにアレンジしたピザを気軽に食べたい方、スーパーなどで見かけたらぜひ試してみてください!

インスタに投稿した内容はこちら!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by PizzaLoverJP (@pizzaloverjp)

-ピザ関連

© 2021 PizzaLoverJP